隣に住んでた綺麗なお姉さんとのひと夏の思い出を読むならコチラ>>

隣に住んでた綺麗なお姉さんとのひと夏の思い出ネタバレありレビュー

【遊廓民】

隣に住んでた綺麗なお姉さんとのひと夏の思い出を読んでみた感想まとめ

男の子ならば妄想したことがないストーリーなので、妙に親近感があります。はじめて読む感覚がしないところが凄いなと思います。スマートな感じのお姉さんがたまらなく清楚で可愛らしいです。直球ではない控えめなエロさが魅力的だと思います。エロ漫画ですが、ストーリーを楽しみながら見れるので、より一体感を得ることができます。

どことなくノベルゲームみたいな漫画です。シーンに対して文字が書かれている感じなので差分を楽しめるのが良いです。鍵を忘れて途方に暮れていたら美人のお姉さんに拾われるなんて夢の様な展開の後は祭りにプールにデートへ行き行為を楽しみます。最近流行している母性を感じるタイプの漫画でした。一夏だけの体験でおわる切なさが夏っぽい終わり方でした。

まだ幼い男の子が、近所のお姉さんに性の施しを受け、2人が性に溺れていくとのことで、ともすれば逆レイプとも捉えられますが、いけないことだと悟りつつも2人がそれぞれ初めて知る性の喜び、純粋無垢なものを汚す快感に溺れ、欲望のままに接する様子は、「エロ」の前には為す術もなく、理性を保てなくなる人間の生々しい部分が描かれ、「エロ」に対する向き合い方を改めて考えさせられる作品でした。作画も綺麗でぜひ続きを読みたいと思います。

お隣のお姉さんとの出来事シリーズです。鍵っ子少年、暑い夏、蝉しぐれ、きれいなお姉さん、大きなおっぱい、初めての経験、などなどエロ漫画の定番スケベキーワードが満載です。夏休み中にベッドやお風呂、プール、そしてお祭りといった場所でエッチするシーンがいっぱいで少年の一生の思い出になるんでしょうね。うらやましいぞ、少年。

絵の印象はとても綺麗で良かったです。

主人公の「ボク」が少し幼い印象はありましたが、大人の隣のお姉さんに誘惑され誘導されひと夏の忘れられない思い出を体験したことは、自分自身妄想したら実際にありそうでドキドキしましたし、当然興奮もしました。

最初は戸惑っていた「ボク」も毎日のようにお姉さんと時を過ごすにあたり、大胆、且つ女性を喜ばせるためにはどうすればよいのかと考え、自分が気持ちが良くなるだけでなく、二人で一緒に気持ちよくなろうという風な男性へと一歩近づいた夏の経験だったのだろうと感じます。



隣に住んでた綺麗なお姉さんとのひと夏の思い出を読むならコチラ>>